医療の進歩の恩恵を受けつつも自分自身で気をつけよう

医療の進歩により、治らなかった病気がどんどん治るようになりました。
例えば、明治時代は眼病や皮膚病が蔓延していた印象がありますが、今はそんなことはありません。
眼病や皮膚病は、病院に行けば治ることが多いです。
皮膚病に関していえば、塗り薬を塗るだけで治ることも多いです。
かゆみが止まらないのが治らなかったら、ものすごく辛いです。
寿命にも大きく影響していたと思います。
もちろん、まだ治らない病気もありますから、これからも医療の進歩が望まれます。
例えば、インフルエンザは毎年流行します。
決定的に効果があるワクチンが開発されていないということであり、自分自身で予防する必要があります。
例えば、緑茶や紅茶を飲むことはインフルエンザ対策になります。
寒さに気をつける、乾燥に気をつける、疲れすぎないようにするなど、インフルエンザの流行している時期には特に注意したいです。
寒い時期にインフルエンザが流行するのは、寒さで免疫が落ちるからです。
ですから、体を温めるように心がけて生活したいです。